浮気調査にかかる期間と浮気調査期間をなるべく短くする方法

浮気調査の期間はまちまちで、多くの場合は1週間未満で結果が出ると言われています。ポイントになるのは念入りな調査を行うかどうかで、繰り返し浮気をしている証拠を掴むために長期の依頼をする人もいるのです。

浮気調査の結果は1週間未満で出ることが多い

浮気調査の結果は短期間で終わるケースもあり、4~5日を目安にする探偵事務所が多くなっています。探偵事務所によっても平均日数や見積もりが違い、場合によっては1日で解決するケースもあります。

これは探偵事務所に浮気調査のノウハウがあるだけでなく、事前の情報によっても差が出てくるからです。漠然とした情報であればそれだけ長引きますが、いつどこで浮気をしているという情報があれば、浮気調査の期間は短くなる場合も多いのです。

不安が大きければ。念のために長期の調査を依頼する方法もあり、何を求めるかでも必要な調査期間が変わってくるのです。

裁判に使える証拠を掴めるかどうか

浮気の調査が1週間未満で終わることが多いのは、浮気の証拠となる決定的な証拠を掴めることが多いからです。代表的なのは写真で、そのまま裁判に通用するのがポイントになります。

これは証拠として利用できないものであれば、後々にトラブルになる可能性が高まるからです。探偵事務所もトラブルは避けたいため、しっかりとした証拠を掴むための行動をします。また、裁判を視野に、繰り返し浮気していることを証明する調査を依頼することもできます。

繰り返し浮気をしている証拠が掴めれば、それだけ裁判が有利になります。また、浮気相手に慰謝料を請求するにも証拠が必要になります。そのため、じっくりとした調査を依頼する人もいるのです。

まとめ

探偵事務所の浮気調査は多くの場合は一週間未満で、事務所に違いはあるものの4~5日あれば裁判で使えるような決定的な証拠が見つかるケースが多くなっています。

浮気をしていないか念入りに調べたい場合や、裁判の証拠を積み重ねたい場合は長期の依頼をする方法もあります。自分で期間をある程度コントロールし、費用を調整することもできるのです。