妻の浮気で慰謝料請求!浮気裁判で勝つための重要なポイントとは

妻に浮気をされても、しっかりとした浮気の証拠がなければ裁判自体が起こせない場合があります。有力な浮気の証拠を押さえなければ、離婚要求や慰謝料請求も難しい場合があり、事前の知識が重要になるのです。

浮気の証拠がなければ裁判には勝てない

妻の浮気が発覚しても、客観的な証拠がなければ裁判が起こせない場合があります。これは状況証拠や証言だけでは水掛け論になりがちで、仮に裁判を起こせても相手の態度次第で結果が大きく変わってしまいます。

裁判で浮気の証拠と採用されるには誰が見ても妻が浮気をしているとわかる、わかりやすさが重要で、推測や身内の証言だけでは弱いのです。精神的な苦痛を受けたと論点を変えて裁判を起こす方法もありますが、どうしても裁判は長引いてしまいます。

そのため、裁判を起こすにしても最初の証拠集めが重要であり、妻の浮気が決定的であるほど裁判を有利に進めることができるのです。

浮気の証拠集めは、素人では難しい

裁判で有利になる証拠集めは素人では困難です。これはどんなものが妻の浮気の証拠として採用されるかの知識がなく、推測で動かざるを得ないからです。浮気の証拠を探しても見落としが増えるため、苦労の割に合わないこともあります。

証拠集めのノウハウを持っている探偵事務所に依頼すれば労力の削減につながります。また、証拠の内容によって慰謝料の請求額や、妻と浮気した相手を追求出来るかも決まってくるのです。

無駄な時間を減らし、リターンを増やすためにも積極的に探偵事務所を活用するのも方法なのです。

まとめ

妻の浮気がわかっていても、決定的な証拠がなければ裁判自体が起こせない場合があります。浮気を理由に裁判を起こすには、浮気調査で証拠を掴むことが大切なのです。

浮気の証拠の質によっても裁判の内容が左右される場合があります。妻だけでなく、浮気相手への慰謝料請求や、金額が大きく変わることもあるため、素人判断を行わないことも大切です。裁判に勝つことを目指すのであれば、妻の浮気調査は探偵事務所に相談した方が良く、スマートに話しを進めるポイントになるのです。