妻の浮気の言い訳はワンパターン?よくある浮気の言い訳と対処法

妻の浮気を疑って追求した際に、良く出る言い訳が存在します。 特に仕事や習い事などのキーワードは出やすく、頻度によって疑いが濃くなる場合もあります。しかし、追求することが浮気解消に結びつかないことが多い点は注意する必要があるのです。

使い勝手の良い言い訳は繰り返しがち

妻の行動が不自然だと思った場合、問い詰めると様々な言い訳が出てきます。残業や飲み会、習い事などが特に出やすく、注意が必要になります。

例えば月の残業の日数や時間が法定労働時間を超えている場合や、飲み会が多すぎる場合は非常に怪しい状態です。浮気相手と会っている可能性も疑うべきです。

予定が合わない時間が急激に増えるなど、妻の浮気には前兆があることが多く、見逃さないでしっかりと確認することが重要なのです。

言葉だけでは証拠にならないことも

妻の浮気が疑わしくなっても、厳しく追及するのは厳禁です。特に言い訳に言い訳を重ねてしまうような状態であれば、逆ギレされて話がこじれてしまう可能性もあるからです。

また、仮に妻が浮気をしていたことを聞きだせても、浮気の証拠が残っていなければ責任を追求するのは難しくなります。話が二転三転するのを避けるためにも決定的な証拠を掴む必要があるのです。

妻の浮気調査は非常に根気が必要であり、あまり時間をかけても事態が悪化してしまう可能性もあります。縁を切るにしても関係を修復するにしても早めに決着をつけた方が良く、そのために浮気調査のプロである探偵事務所に相談した方が良いのです。探偵事務所に依頼すれば、決定的な浮気の証拠を素早く掴むことが可能なのです。

まとめ

妻の浮気を疑って追求しても、言い訳を重ねられてしまうことは多くあります。特に仕事や習い事は言い訳によく使われますが、追求しすぎて感情的になられても解決は難しくなります。

浮気を解決するには、言葉だけではなく決定的な証拠を掴む必要があります。自分で浮気調査に時間をかけていると事態が悪化してしまう可能性があるため、相手が気づかないうちに探偵事務所に依頼した方が、その後の処理もスムーズに進むのです。