自己流の浮気調査は危険!妻の浮気調査でGPSなどを使うと犯罪になることも

妻の浮気の証拠を掴む上で携帯電話は重要なアイテムです。これは通話の記録などが残っている可能性があるだけでなく、GPSなどの機能で妻の行動を追跡がしやすくなるからです。ただし、法律上のグレーゾーンがある点には注意が必要です。

妻の浮気の証拠が残りやすい携帯電話

携帯電話には妻の浮気の証拠が残っていることが多く、浮気相手とのメールや場合によっては過激な画像が残っている場合もあります。携帯電話は浮気調査の上でも重要な手掛かりになるのです。

最近は電話し放題のプランも増えているため、使用状況の確認をすれば浮気を疑うような数字が出てくることもあります。妻の携帯電話の利用明細などで、通話時間が急激に増加しているなども気を付けたいポイントです。

ただし、通話時間が増加しているなど妻の浮気が疑わしいだけでは浮気の証拠にならないため、どうやって携帯電話のデータを確認するのかも大切なポイントになるのです。

妻の浮気を調査する便利アイテムの落とし穴

妻の浮気の情報を多く集めるために、GPS情報の収集や、盗聴アプリなどの活用を思いつく人もいます。しかし、家族であってもGPSなどを仕込んで、浮気調査をすると、法的に問題になるケースも存在するため注意が必要です。

妻の浮気の証拠を掴むために、スマホなどのロックを無理に外そうとするのも法に触れる可能性があります。これは電子機器に対する不正アクセスに対して厳罰化が進んでいるためで、家族であっても罰則の対象になることがあるからです。

携帯電話から妻の浮気の証拠を掴もうとするのは難しいこともあるため、どこまでなら大丈夫かも含めて、浮気調査のプロである探偵事務所に相談しつつ浮気調査をした方が安全と言えます。

まとめ

携帯電話は妻の浮気調査を行う上で重要な手掛かりになり、電話の中のデータだけでなく利用明細がヒントになる場合もあります。ただし、明確な浮気の証拠を掴むのは難しく、下手に話して相手の警戒心をあおるだけでは逆効果になってしまいます。

GPSによる追跡など、便利なアプリも増えていますが、使い方や関係性によっては法律に触れる場合もあります。どのような方法が良いのかは浮気調査のプロである探偵事務所に相談した方が良く、総合面でのサポートも期待できるのです。