妻の浮気の証拠は客観性が重要。裁判を起こすためにするべき行動とは

妻の浮気の証拠には注意が必要で、自分の意識と社会のずれがでやすい部分です。特に裁判であれば客観的な証拠が必要になるため、思い込みで動かないことが重要になってくるのです。

位置情報や状況証拠では不十分

浮気の証拠としてGPSの活用や、メールを活用しようとする人もいます。しかし、客観的に浮気の証拠として活用するのは困難で、位置情報は操作が可能であり、メールの内容も架空である可能性があります。

これはGPS機能をつけたスマホや車をどこかに置くことや、誰かに預けて移動することも可能で、実際にそこにいた証拠にはならないからです。推測ではなく、実際にそこにいたと言う証拠や、メールの場合は会っている相手がいると言う証明も必要になります。

妻が浮気しているかどうかで争う際は、相手に反論を許さないような決定的な証拠を握る必要があるのです。

妻の浮気の証拠が隠滅されるケースも

中途半端な状態で相手を問い詰めても、証拠を隠されたり、消されたりするケースが出てきます。対抗して調べようとすれば労力がかかるばかりか、法的なラインも超えてしまいかねない点に注意です。

これは家族であるか、恋人であるかでも法的な解釈が変わるからです。区分によってできないことも発生するため、何をやっていいのかをしっかり把握しておくことが重要です。

知識が不足している場合はプロに頼った方が良く、探偵事務所に相談すれば相手に警戒されるリスクも減らすことができます。特に過信や思い込みは禁物のため、冷静な第三者の方が的確な判断が出来ることが多いのです。

まとめ

浮気の証拠は扱いが難しく、自分が証拠と思っていても裁判で通用しないことは良くあります。推測で疑うのではなく、実際に浮気をしている証拠が大切になるのです。

自分で妻の浮気の証拠を集めようとしても、相手に警戒されれば証拠自体を消されてしまう可能性があります。そんな時は探偵事務所を頼った方が良く、スムーズに決定的な証拠を集めることができるのです。