妻の浮気調査が犯罪に?GPSを利用すると違法になるケースとは

妻の浮気を調べようとしてGPSを活用する場合は注意が必要です。これは位置情報だけでは浮気の証拠にならないだけでなく、本人の同意がなければプライバシーの侵害として訴えられるリスクが高まるからです。

GPSを過信するのは危険

GPSはスマホやカーナビによって身近なものとなっています。浮気調査のための便利グッズとして扱われることもありますが、位置情報だけでは浮気の証拠にならない点に注意が必要です。

例えば、ホテル街に車が長時間止まっていたとしても異性と一緒にホテルに入った証拠にはならないのです。また、スマホを落としたり、車を貸したりしていたと言い訳される可能性もあります。

妻の浮気の証拠として利用するには、実際にホテルに入ったことを証明する写真や、第三者の証言などが必要になり、GPSは根拠にならないのです。

スマホに勝手に入れるのはNG

スマホにロックがかかっていない場合や、パスワードがわかるからと勝手にGPSを起動させることや、自動で位置情報を送信するアプリなどをインストールすることはNGです。

これはプライバシーの侵害で問題になることがあるだけでなく、電子機器の不法な操作と取られることがあるからです。家族であっても本人の意図しない情報の発信やアプリのインストールは違法行為になる場合があることに注意が必要です。

リスクを冒すよりも確実な方法で妻の浮気の証拠を掴むために、探偵事務所へ依頼した方が良い場合も多く、話を余計にこじらせないポイントにもなっているのです。

まとめ

GPSは相手の居所を掴む為に便利ですが、一方で浮気の証拠としては弱い面があります。これは位置情報と本人がいた位置に食い違いが出る可能性があり、逆に利用されることもあり得るからです。

決定的な証拠を掴むにはGPSでは不足があるため、最後は人の力で調べる必要があります。自分で調べようとすればトラブルになりかねないからこそ、浮気調査のプロである探偵を頼った方が良いのです。