浮気した妻を絶対に許せない!裁判でかかる費用と弁護士

示談や離婚調停で慰謝料の金額に納得できない場合や、謝罪が引き出せなかった場合は離婚裁判を起こすことが可能です。一般的な離婚裁判の費用は80万円程度とされていますが、依頼する弁護士によっても大きく異なります。

裁判は弁護士を雇う必要がある?

弁護士を雇わなくても裁判を起こすことは可能ですが、相手が弁護士を雇う可能性も高いです。その場合、相手の弁護士に反論できるように法律の知識を持ち、対策をしっかりと練る必要があります。そのため素人であれば、裁判は弁護士に依頼するのが一般的です。

離婚裁判で必要になるもの

離婚裁判を起こすための書類に必要になるのが戸籍謄本と収入印紙代です。戸籍謄本の発行に450円、裁判の申し込みに13,000円の収入印紙代が必要になります。慰謝料の請求金額が大きい場合や、財産の分与、子供の養育権について争う場合はさらに追加費用がかかります。その他、郵便切手代6,000円に、証人を呼ぶための交通費や宿泊費がかかります。

弁護士を雇う場合、相談の時点で料金が発生する場合があります。相談無料の弁護士を探しても、依頼をした時点で着手金が20万円ほどかかります。離婚が終了した場合は40万円ほどの報酬と、離婚成功時には成功報酬20万円が費用の相場です。この辺りはあくまで相場で依頼する弁護士や離婚するケースによっても大きく異なるので、参考程度に。

弁護士費用は増減する要素が多く、慰謝料の金額で成功報酬も大幅に変わることがあります。また浮気の証拠を集めるために探偵を雇う場合は裁判の前にも別途費用が発生します。確実に離婚を目指すために費用を惜しまずに使うのか、費用を節約するかで大きく変わるのです。

どの弁護士に依頼すればいいか分からない

「いざ、浮気の証拠を掴んで離婚裁判!」そんな時にどの弁護士にどうやって依頼すればいいか分からないと困る方は多いようです。弁護士と言っても費用は弁護士により違いますし、そもそも何を基準に選べばいいかも明確ではありません。なるべく費用が安いところがいいけど、頼りない初心者弁護士は嫌ですよね。

そんな場合はプロの探偵に浮気調査から一括して依頼するのがオススメです。まず離婚裁判の場合は、裁判で使える有力な証拠を掴む必要があります。何が有力な証拠か分からない場合には探偵に依頼するケースが増えています。

探偵に依頼すると探偵事務所で提携している弁護士がいて、その弁護士を紹介してくれるケースも多くなっています。探偵事務所と提携している弁護士であれば、基本的な情報のやりとりは探偵と弁護士で直接行ってくれるため、自分で状況を細かく説明する必要もありません。またそう言った弁護士は、探偵と一緒に仕事をすることで多くの裁判を経験していることも多く、実績や経験豊富な方が多く安心して任せることができます。さらに弁護士費用も通常より安くやってくれることも多いため、探偵に一括して依頼するのがオススメです。