犯罪になる可能性あり!浮気調査でスマホをチェックするのはNG?

妻の浮気の多くは携帯電話に証拠が残っています。ただし、注意したいのは携帯電話が個人情報の塊だと言うことです。扱い方を間違えるとかえって夫婦の絆を傷つける可能性もあるため慎重に行動する必要があります。

妻が携帯を手放さなくなるのは浮気のサイン

携帯電話は仕事でもプライベートでも重要なものです。しかし、急激に使い方が変わった場合は、妻の浮気を疑った方が良い場合もあります。浮気をすると常に携帯を手放さなくなるケースが多いのです。

トイレに行く際にも携帯を持ち歩く場合や、時間が長すぎる場合は注意が必要です。携帯電話に見られたくない情報が詰まっている可能性があります。ちょっとした外出が浮気相手との電話の時間に使われていることもあります。

元から携帯を持ち歩く癖がある人もいますが、突然変わった時は注意が必要です。ただし、浮気を疑っても問い詰めても逆効果になることが多いのも事実です。そのため、確かめる手段を選ぶことが大切になってきます。

携帯で浮気の痕跡を探すのはハイリスク

隙を見て携帯を覗き見しても、覗き見をすること自体が夫婦間の信頼関係を傷つける場合があります。また、浮気を疑われていることを意識されれば、証拠を消される場合や、パスワードを設定して厳重にロックされることもありえます。

携帯電話にロックがかかっている場合、勝手に外すと家族でも不正アクセス禁止法に抵触する可能性があります。また、メールなどはいつでも消せるため、裁判の際に確実な証拠にならない場合があるのです。実際に浮気相手と会っている場面を写真に撮るなど、決定的な瞬間をおさえることが重要です。

携帯をチェックして浮気の証拠を探すのは、ハイリスクローリターンです。証拠が見つかっても探偵に浮気調査を依頼して裏付けをとった方が良く、思い込みで行動すればそれだけ自分が不利になることがあり得るのです。

まとめ

携帯電話の使い方の変化は、妻の浮気のサインになります。ただし、確証を得るための行動が裏目に出てしまい、夫婦の信頼を損ねる場合や、証拠を消される原因になることがあります。

携帯のパスワードを勝手に外せば法的な責任に問われる可能性があるなど、独自の浮気調査はハイリスクローリターンです。証拠を見つけたとしても、探偵に浮気調査を依頼し、証拠を確実なものとしないと裁判で不利になってしまうケースも多いのです。