浮気調査から離婚裁判までの流れまとめ

浮気調査を依頼し、証拠が見つかってもすぐに離婚できるわけではなく、相手の同意が必要になります。離婚に関して相手の同意を得られなかった場合や、慰謝料の折り合いがつかなかった場合、裁判を行うことになります。

示談が成立しなかった場合

妻の浮気による離婚に同意が得られなかった場合は、家庭裁判所経由で調停を行うことになります。慰謝料の請求なども含めて双方の意見を主張し、裁判所が間を取り持つ形になります。調停の内容に納得できない場合や、合意が得られない場合に初めて裁判になります。

離婚裁判になった場合は弁護士を選ぶ必要があります。相手が弁護士を雇うことを前提として対策を立てる必要があり、裁判の内容によって慰謝料の額が増減されます。浮気の証拠がしっかりとしたものでなければ離婚自体が認められないことがあるため、弁護士とよく確認する必要があります。

示談が成立した場合

浮気調査で妻の浮気の証拠がつかめている、内容証明などの書面を通して離婚を協議するか、示談交渉を行うことになります。この時点で相手が浮気した事実を認め、相手が離婚に同意すれば裁判などをすることなく問題は解決します。

示談になった場合は裁判で請求する慰謝料よりも高い金額が提示されることがあります。これは裁判による不利益を避けるためです。裁判を起こされると相手側も弁護士に依頼したり準備をしたり。また精神的にも相当なストレスを受けることになります。そうなるくらいなら多めの慰謝料を支払って終わりにしたいと考えるケースも多いです。

裁判になる前でも早めに弁護士を雇うことも交渉をスムーズに進めるポイントになります。弁護士がついているとなると相手も下手なことが言えなくなりますので、交渉も有利に進めることができます。

浮気の証拠は探偵に依頼するのが一番

裁判で使える浮気の証拠を掴むのは素人では難しいと言われています。それは素人の集めた画像や動画などは相手の顔がはっきりしない不鮮明な場合が多いためです。またどのようなものが有力な浮気の証拠になるか判断が素人にはできません。そのため浮気の証拠集めはプロの探偵に依頼するのがオススメです。探偵は浮気調査のプロのため、裁判で有力な証拠を素早く掴んでくれます。

探偵の浮気調査費用は調査期間と人数によって大きく異なります。少ない人数で短い期間で浮気調査が終われば費用を押さえることができます。浮気調査を素人がやることでいいことはありませんが、下準備はしておく方がいいでしょう。

例えば妻の浮気が何曜日の何時頃というのが分かっていれば、その日に探偵に浮気調査を依頼することで浮気調査期間が極端に短く済ませることも可能です。理想を言えば日時、場所まで掴めていることが理想ですが危険を冒す必要はありません。困ったことがあれば無料相談のできる探偵に一度相談してみましょう。