探偵事務所と興信所の違いとは

妻の浮気調査を依頼する際、頼りになるのが探偵事務所と興信所です。共通点が多いためどちらを利用するか迷いがちですが、実はその成り立ちは大きく異なっているのです。

探偵と興信所の成り立ちの違いと浮気調査

探偵事務所も興信所も浮気調査を行っていますが、その成り立ちには大きく違いがあります。それぞれに長所と短所がありますが、現在では短所を補い総合的な調査を提供するケースが増えています。

日本の探偵業は警察OBが捜査の技術を民間で生かすために生まれました。そのため、浮気調査にも尾行のテクニックを応用するなど、人に知られることなく情報を収集することを得意としています。

興信所は企業間の取引や投資の活発化に合わせ、企業の経営状態などを調べるために生まれました。そのため公的な記録の照会や取引実態の確認など、身元を明かした上での情報収集を得意としています。ただし、現在は探偵の技術を取り入れて浮気調査も行う、総合興信所も増えているのです。

浮気調査を引き受ける興信所も増えている理由とは

探偵事務所も興信所も同じ調査を仕事する業種であり、共通点が多くあります。そのため、人材や技術の交流も多く、総合的な調査を行う探偵事務所や興信所が増えているのです。

一方で、それぞれの専門技術を伸ばし続けた探偵事務所や興信所も存在します。そのため、浮気調査については探偵事務所の方がノウハウを蓄積しているケースが多いのです。

浮気調査を考える際は、まずは興信所ではなく探偵事務所に相談をするのがおすすめです。無料相談で調査費用の目安を知ることが出来るだけでなく、解決の筋道を見つけることが出来るのです。

まとめ

探偵事務所と興信所は成り立ちが大きく異なりますが、それぞれの技術を学ぶことで総合的な調査を受け持つケースが増えています。ただし、妻の浮気調査など調査自体を知られたくない場合は興信所が不向きな場合もあります。

興信所にも得意不得意がありますが、浮気調査の場合はまず探偵事務所に相談することがおすすめです。無料相談を受け付けている探偵事務所も多く、料金の相場なども詳しく知ることが出来ます。