妻の浮気が原因で離婚!請求できる慰謝料の相場とは

妻の浮気が原因で離婚した場合の慰謝料の相場は200万円から300万円と言われています。ただしこれは裁判で争った場合の相場で、様々な条件が加味されて、さらに増減する可能性があります。浮気の期間や経済的な状況などによっても変化するからです。

慰謝料とは何か?

慰謝料は精神的な苦痛や経済的な不利益を金額として換算したものです。浮気の期間が長かった場合や、浮気をしていないと嘘をつくなど、気持ちを裏切るような行為をしていれば、それだけ増額されることになります。一方で、すぐに非を認めた場合や、離婚に協力的だった場合は減額される可能性があります。相手の発言や行動の記録を残すことも、慰謝料の増額に関係するポイントです。

相手の収入は特に大きな影響を与えます。相手の収入が低く、非正規雇用など雇用が安定しない状態であれば支払い能力に合わせた金額に減額されることがあるからです。役職を持っている場合など社会的な地位が高く、収入が多い場合は慰謝料が増額されます。

浮気相手に慰謝料を請求できる?

妻の浮気が原因で離婚する場合には相手が特定できる場合は浮気相手にも慰謝料の請求が可能です。ただし、この場合は妻と相手の男性が肉体関係を持つなど浮気の明確な証拠が必要になります。状況証拠だけでは裁判では有力な証拠にならないこともあるため注意が必要です。

確実な証拠を掴むなら探偵に依頼!

素人の浮気調査がいけない理由の一つは証拠収集能力が低いということです。妻の浮気の証拠をつかんで、離婚裁判を起こそうと思っても、裁判で有力な証拠がどのようなものかが判断できないということです。「浮気相手とのメールやLINEのやりとり」「ラブホテルから出てくる写真or動画」「浮気相手と親密な話しをしている音声」など。素人ではどのような証拠を掴めばいいかの判断も出来ません。また素人の写真や音声では、不鮮明だったりノイズが入っていたりして、浮気相手を客観的に特定することが難しいことも。

そのため浮気調査は自分でやらずにプロの探偵に任せるのが一番早く確実です。浮気調査の費用は安くありませんが、自分で中途半端に浮気調査をして、妻や浮気相手に警戒されてしまうことも。そうなるとその後自分での浮気調査を諦めてプロの探偵に依頼した場合にも浮気の証拠を掴むのに余計な時間がかかってしまったり、浮気の証拠自体がつかめないということも。浮気調査を依頼する探偵は無料相談できるところも多いため、妻の浮気を疑ったら悩む前にプロに相談することをオススメします。